inicio mail me! sindicaci;ón

Archive for Project

Bar PoleStar

IMG_2546.JPG

横浜の米軍港湾施設との“国境”に佇む、Bar PoleStar。ミュージシャンを愛し、ミュージシャンから愛されてきたバーも、バブルの頃から客は減って、今では貸し切りのパーティーなどがなければ開けていない。

タイムスリップしたような錯覚に陥るが、横浜港を挟んだ対岸には煌々としたビル群が前倣え。その落差にクラクラする。

雨中の熱気 - Villa Del Sol

IMG_0454

6月からよーいドンで作業を開始した材木座海岸のビーチハウス「Viila Del Sol」の現場に、この土日、週末では初めての雨が降った。

毎日、砂浜で作業をおこなう他の海の家にとっては、休息を与える恵みの雨。週末しか現場作業の出れない関東学院の学生たちにとっては、試練の雨。

搬入した資材のほとんどが構造体として組み上げられ、格子のタワーを三点に据えたカウンターバーなど、徐々に具体的な“ビーチハウス”が姿を見せ始める。だが、まだ依然としてその最終形を計り知ることはできない。

日を追うごとに熱気を増す現場はおそらく、来週末の海開きを前後して、山場を迎える。

Other Photo
http://www.flickr.com/photos/motosuke/sets/72157605516491047/

格子のタワー - Villa Del Sol

格子のタワー - Villa Del Sol

最高の天気。先週末までピンクのコンテナしかなかったところに、格子状に組まれた角材のタワーがいくつも出現。週末しか現場作業を行えない学生たちの踏ん張りに関心。今年は天気にも恵まれている。週末、雨は一度も降ってないんじゃないかな。

さあ、このタワーは柱になるのか、壁になるのか、それとも。

Other Photo on Flickr
http://www.flickr.com/photos/motosuke/sets/72157605516491047/

浜辺に御柱 - Villa Del Sol

浜辺に御柱

前日に搬入されたコンテナは、柔らかいピンク色に塗られたべたっとした質感で、浜辺でひときわ目を引きます。

図面を一切使わない言葉とジェスチャーのやりとりで進められる作業。アイディアが次から次に反映されていく様子は圧巻。

この日の主役は、砂浜にドスンと突き刺された「おんばしら」。

「海の家」の既成概念を一切無視してVilla Del Solは、6月末の海開きめがけて日々動き続けています。

Other Photo
http://www.flickr.com/photos/motosuke/sets/72157605516491047/

材木座の浜辺が動き出しました - Villa Del Sol

材木座の浜辺が動き出しました

6月1日の解禁から一気に、鎌倉の浜辺が慌ただしく動き始めます。

毎年、材木座に海の家を構えるVilla Del Sol by Bambiniもこの日、資材の搬入をおこないました。

関東学院建築学科の学生が搬入した角材の山は、一体どのような空間を生み出すのか。非常に楽しみです。

Other Photo
http://www.flickr.com/photos/motosuke/sets/72157605516491047/

CET07 11.24

中央区日本橋横山町3-3-14の空き地

穴の中で僕の友達がひとり眠り続けてた。

All
http://flickr.com/motosuke/sets/72157603297307044/

Action
http://keijironiino.com/action/cet07/

CET07開幕

cet07

セントラルイースト東京が明日、11月23日に開幕します。

毎年、コートを引っ張り出すこの時期に開催するCETは、アーティストとコンクリートの街とそこに住む人々の熱が絡み合う、化学反応、予測不能。

今年のテーマは「NIGHT×GALLERY×STREET」。

昼と夜とで表情が180度、白から黒ほど変貌するイースト東京の街で、何かが起こりそうな予感です。

CET07
http://www.centraleasttokyo.com/07/
2007年11月23日 - 12月02日 開催

CET07 インターン募集
http://www.centraleasttokyo.com/07/t/archives/000003.html
学校でくすぶってる君、足りなかったものがここにあるぞ!迷うこなく、行け!

ふるほんや - CET06

CET06.gif

なんだかんだで実際に店が開いているのを今日、はじめて目の当たりにして、すごく良い感じだったので驚いた。深夜帰ってきて薄暗い中に本の山があったところからは、想像もつかないくらい。たぶん、扉が100%開放されていたことと照明、あと人がいたことが温かい雰囲気をつくっていた。

どこからともなく人がやってきて、さらっと本を置いてゆき、どこかの誰かがその本を手に取る、人と本の交差点になっていた。

CET06
http://www.centraleasttokyo.com/06/

CET06: ふるほんや FURU-HON-YA
http://www.centraleasttokyo.com/06/archives/000052.html

CET06 開催迫る

CET06.gif

INHIGHとはこのイベントで出会った。四回目となる今回は、CETがやろうとした原点、本質に立ち返っている気がする。

CET06
http://www.centraleasttokyo.com/06/
2006年11月23日 〜 12月3日 開催

INHIGHは古本屋になる予定。

メディア掲載 - smart

smart 5月号にテッチュウが掲載されました。