inicio mail me! sindicaci;ón

Archive for Notes

POTSUNEN - 小林賢太郎ソロ公演

ひとり違う領域に入ってしまった小林賢太郎、とその意外な(ひとつの)方向性。

ラーメンズ公式サイト Rahmens.net:LIVE POTSUNEN
http://www.rahmens.net/potsunen.html

Mac vs PC - Get a Mac

Get a Mac

ちょっと古い話題になりますが、米国版から英国版と日本版にローカライズされた“Get a Mac”(その他の国では吹き替え版が流れる) 。ラーメンズが起用されたことで日本でも話題になりましたが、オリジナルのローカライズ、というほど単純ではなかったようです。

英国版はオリジナルにほぼ忠実ですが、日本では直接比較広告が嫌われるため、「Macの方が優れている」という比較よりも、二人のキャラクターによる「家庭と職場の違い」に焦点を当てられています。ちなみにオリジナルでは、PCがMacにけちょんけちょんに負かされます。ある文化でおもしろいものが、ある文化ではそうでなくなるわけです。

Apple - Get a Mac
http://www.apple.com/getamac/

Apple (UK and Ireland) - Get a Mac
http://www.apple.com/uk/getamac/ads/

アップル - Macをはじめよう
http://www.apple.com/jp/getamac/ads/

8957日間 - Countup

Google Personalized Home

割とどうでもいいことなんですが、なら書くなよという感じでもありますが、上の画像は僕のPCでウェブブラウザを立ち上げるといの一番に表示されるページのキャプチャーです。中央でカウントダウンされているのは、僕が30歳になる日までの日数(と時分秒)で、あと2000日になりました。

ちょっとした悪ふざけを報告しようかなと思っただけなのですが、書いているうちにどうも「ダウン」というのが解せなくなってきました。「カウントアップ」が正しい気がします。今日まで8957日間を生きてきました。

Google - Personalized Home
http://www.google.com/ig

期間(日数・逆日数・時間)計算
http://www5d.biglobe.ne.jp/~Jusl/Keisanki/JTSL/nissuu.html

n.u.d.e. - OKAMOTO

一見すると海外CMのようなこのムービーは、ご存じオカモトの新製品PVです。シャレの域を超えてもうアホとしか言えませんが、それもここまでやってくれると気持ちがいいです。

PVとウェブサイトはTHE STRIPPERS制作で、ウェブサイトもPVの素材をベースとしたシンプルな構成ですが、細かい演出で飽きさせません。ロゴとパッケージはASYL DSIGNで、ALPHABET(タバコ)とn.u.d.e.で男の身嗜みセット。

n.u.d.e.(ヌード)ポリウレタンコンドーム :: オカモト
http://www.nude-show.jp/movie/

ページトップへ戻る - ナビゲーション考察

nikon

Nikonのデジタル一眼では末弟に位置づけられるエントリーモデルでありながら、マニュアルフォーカスの古いレンズ所有者たちからも評価されているD40の後継機、D40Xが一昨日(3/5)発表されました。ハイスペック化の一途に違和感を感じていて、例えば1000万画素の写真撮ってもその品質を生かせるだけの大きさに出力する機会や必然がない中で、デジタル一眼で600万画素という割り切りが魅力的に見えていた僕にD40Xの発売は特に刺さりませんでしたが、逆にD40の立ち位置がより明確化されたことで購入に踏み切や否やのうずうずがぶり返したわけです。

さて、前置きの方が長くなりそうですが、そんなこんなでNikonのサイトをぱらぱら見ていたわけですが、ページ最下部のナビゲーションがちょっと気になってこれを書いています。

そこそこちゃんと作られているサイトであれば必ず、ページ最下部に「ページトップへ戻る」というリンクが配置されていますが、ユーザーのひとりとして僕はほとんどそのリンクを押したことがありませんでした(世の中的にはどうなんだろう)。もちろん、頻繁に使われるということよりはむしろ、あった方が良いという何とも眠たい根拠で配置されているわけですが、翻って制作者の立場としては必ず配置するのです。

それで、なぜNikonのそれが気になったのかというと、

  • クリックできるエリアが広く取られている(デザイン的にも自然に)。かつ、オンマウスした際のスワップ表示が目立っているため、ユーザーが欲求するまでもなく自然にそのリンクの存在を認識し、使うことができる。
  • クリックすると、ページが上方向へするーっとスクロールしていく。一般的には(普通に実装すると)一瞬でページ上部にジャンプする、まるで違うページに切り替わるように。これにより、同ページ内で上部に戻っていることがより明確になっている。

そんな極々些細なことが、そうでない場合と比較すると、比べものにならないほど気が利いていて安心感を与えています。「使いやすい」というのは、「気にならない」ということと極めて近い関係にあって、「当たり前のことを当たり前にやる」ことの大切さを実感します。

Nikon Imaging | D40
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d40/

Nikon Imaging | D40X
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d40x/

CLASKA

CLASKA

リノベーションにできて、新規開発にできないものってなんだろう。人は案外敏感でその場所や建築がどういう歴史を経てきたか、それは具体的なワードとして言い当てることはできなくても、ニオイとして感じ取っているのかもしれない。どういう人にどんな風に使われてきて今に至るのか、建築としての形状や、塗重ねられた壁や、エレベータのボタンや、それらひとつひとつが空気を作っていて、人の心を惹きつけたり、居心地がいいという全体感を形成している。

CLASKAは、60年代にオープンしたホテルニューメグロを4年前くらいに全面リノベーションしたもので、隅から隅までデザインが行き届いているのだが、目黒通り沿いに並ぶ凛とした立ち姿や、ゆったりとした時間を作り出す空間は、何十年も前からそこにあったという重厚感や「古さ」を根底としたある種の抱擁感が漂う。

自分がそういった類のものに心を奪われてしまうのはなぜなのか、テッチュウがあれだけの人を惹きつけたのはなぜなのか、最近考る。

CLASKA
http://www.claska.com/

Read more »

Google Bookmarks に移行

ブラウザ(Mac - Firefox)のブックマークをすべてGoogle Bookmarksに移行した。ブックマークするサイトはいつも使う系とメモ系の大きく二種類に分類できて、それによってブックマークする手段は違ってしかるべきだと思っているのだが、ちょっと今回その観点は外すとして、そもそもブックマークというのは、

  • 登録したが最後、見ない(特にメモ系)
  • どのブックマークフォルダに分類したか忘れて、探す(面倒くさい&諦める)
  • 違う環境(PC)で見られない
  • サイトタイトルから内容を思い出せない(開かなくなる)

ということが問題だなあと思っていた(使う頻度に対して抱える課題が多すぎる)。Google Bookmarksをちゃんと使い始めてまだ数日だが、下記のようなことが利点と感じられる。

  • サイトの内容からも検索することができる
  • ラベル/コメントの付加
  • 違う環境でも簡単にでブックマークを閲覧できる (Googleツールバーをインストールしていれば同期できる)
  • Googleツールバーとの併用でブラウザのブックマークとほぼ変わらない使用感を得られる

特に、サイトの内容から検索できるのがキラーファンクションで、Googleならではといったところだ。今のところ最も頻度の高い使い方は、キーワード「鍋」でブックマーク内を検索することだ。めし屋系のブックマークはそれなりに使うが、後でひとつひとつ見返すことはまずないし、鳥鍋が旨そうだったあの店の名前を思い出せる可能性は低い上、ディスプレイの上下端を貫いたリストからそれを探してなんていられない。

余談だがGoogle Bookmarksに行き着いたのはソーシャルブックマーキングサービスに馴染めなかった経緯が実はあって、そっちは利便性が自分以外のユーザーの数とクオリティに依存していて、日本で使うにはまだまだかなあという印象があった。Google Bookmarksは当然ソーシャルブックマーキングを視野に入れているはずなので、その期待感も利用するひとつの要因となっているのは確か。

地球のここです

MAPを更新しました。

CONTENT > MAP

「+」ボタンをクリックしていくと、世界地図からINHIGHまでどんどん近づいていく。ふと、EAMESの映像作品「Powers of Ten」を思い出した。

Powers of Ten - Eames Office
http://www.powersof10.com/

INHIGH is here of Earth!

‘Project’ Category 追加

「プロジェクト」カテゴリでは、主に現在進行形で動いているプロジェクトを残していこうと思っています。

ウェブサイト移転

motosuke.comドメインに置いていたブログを、inhigh.jpに移転。