inicio mail me! sindicaci;ón

Cafe80mm

80mm

「誰にだって考えつくよ、これ」。さらっとそんなことを言ってしまう。ただ、それを製品にまですることができるのが、秋田道夫さんなのでしょう。

これ以上ないほどのシンプルさ、ストイックな曲線、直線。ともするとデザイナーのエゴにも捉えられる形状は、工場と向き合い、技術者と向き合い、素材と向き合い、それらを口説いてしまった、幸せなデザインでした。

Cafe80mm デザイン話とお茶 | 秋田道夫さんと萩原修さん
http://forafterhours.jp/cafe80mm/

Information: その外側でできているドーナッツのようなものです。
http://www.michioakita.jp/whiteboard/archives/2008/12/post_531.html

Related Posts

Afterhours weblog said,

Dec 24, 2008 @ 22:53

デザイン話とコーヒーとドーナツ…

「Cafe80mm デザイン話とお茶」 、無事に終了致しました……

height(s) said,

Dec 25, 2008 @ 00:09

80mmの茶のみ話…

“自分自身が誰よりも一番のユーザーであること。” デザイナーとして、これ以上に説得力のあるプレゼンはないでしょう。デザイナー、メーカー、販売店、そしてユーザー、それぞれに…

komipibuDAYS said,

Dec 25, 2008 @ 09:57

80mmの茶のみ話…

秋田さんと萩原さんのイベント(セミナー?) 「80mmの茶のみ話」に参加してきました。 主催はるるる。 afterhoursの横田さんの挨拶で始まりました。 「M1よりこっちを選んでくれて有難…

RSS feed for comments on this post

Write a Comment

Send a Trackback