inicio mail me! sindicaci;ón

CLASKA

CLASKA

リノベーションにできて、新規開発にできないものってなんだろう。人は案外敏感でその場所や建築がどういう歴史を経てきたか、それは具体的なワードとして言い当てることはできなくても、ニオイとして感じ取っているのかもしれない。どういう人にどんな風に使われてきて今に至るのか、建築としての形状や、塗重ねられた壁や、エレベータのボタンや、それらひとつひとつが空気を作っていて、人の心を惹きつけたり、居心地がいいという全体感を形成している。

CLASKAは、60年代にオープンしたホテルニューメグロを4年前くらいに全面リノベーションしたもので、隅から隅までデザインが行き届いているのだが、目黒通り沿いに並ぶ凛とした立ち姿や、ゆったりとした時間を作り出す空間は、何十年も前からそこにあったという重厚感や「古さ」を根底としたある種の抱擁感が漂う。

自分がそういった類のものに心を奪われてしまうのはなぜなのか、テッチュウがあれだけの人を惹きつけたのはなぜなのか、最近考る。

CLASKA
http://www.claska.com/

CLASKA CLASKA
CLASKA CLASKA

Related Posts

Write a Comment

Send a Trackback